Latest Entries

シティーハンター【6】「恋しない女優 希望へのラストショット」

 今回の依頼は女優・佐藤由美子の護衛。リョウは由美子のファンのようで映画館前の等身大看板を銃を使って通行人を目を逸らしてでも盗むほど。今回の任務は由美子の属する芸能事務所社長からの依頼であって由美子自身は望んでいない。

 撮影中も付きっきりのリョウは由美子が演じる役柄の相手役の男性に嫉妬して無駄に撮影を止めて何だかウザイ存在。由美子を狙っているのはリョウのライバルでもあるスイーパーのの海坊主。由美子は昔亡くなった恋人を忘れられずに居て、その恋人が望んでいた「女優のまま」死ぬと言うのを叶えるべく、由美子自身が海坊主を雇った・・・。

 恋人の事を忘れようとも中々忘れられない由美子に、リョウは死にたいと思っている人をどんなに護衛しても意味がない。護衛されるにも自分自身が生き延びる決心が必要である事を教える。

 由美子に恋人を忘れさせる為にリョウが考え出したのが「演技」。海坊主の銃撃で重傷を負ったように装い海坊主の足音を「恋人の亡霊が自分の世界に招き入れようとしている」と亡霊の足音に思わせる。この迫真の演技で死のうとは思わなくなった由美子は恋人との思いからも解き放たれる。

 しかも海坊主も由美子の大ファンで元々彼女を殺す気は更々なかったそうで、リョウの演技も海坊主と密かに相談した上で考え出した事。ライバル同士であって敵同士ではないからこそ出来うる芸当だろう・・・。


人気ブログランキングへ

 | HOME | 

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

2010-08

MONTHLY


CATEGORIES


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS



APPENDIX

Poyon

Poyon

個人的なアニメの批評です。更新は不定期。メインブログではないので更新の間が空く事も多いかと思います。